ときどき刊 かもめ通信

アクセスカウンタ

zoom RSS 新幹線スケール「1/150と1/160」について

<<   作成日時 : 2013/11/23 23:15   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

VRMの新幹線のサイズには、在来線と同スケールの1/150と実際のNゲージモデルで採用されている新幹線用のスケール1/160の2種類があります。
好きなスケールで選べるようになっているのは実に良いことだと思います。

が。

画像


バラバラに売られているので両方買うととんでもない金額になります。びんぼうだと辛いです。
しかもN700系なんか、基本8両拡張8両という感じで実際の模型のセットみたいな売られ方してます。

そこで、どちらかに決めて買うのが得策なのですけど、1/150と1/160のどちらを買うか?
500系みたいにVRM4の1号セットを買ったらどっちのスケールも入っていたみたいなら悩まなくて良いのに。


そんなこんなで悩んでいたら、VRMの巨匠junichiさんがその違いをわかりやすく解説されていました。
→ 1/150と1/160 (http://junichi-nagashima.at.webry.info/200904/article_3.html)

画像

試しに自分でも並べて確認してみましたけどやっぱり隙間が開いています。

これはもう新幹線は1/150一択! と思ったら...

画像

※安全柵は、1/160スケールで設計していますが、開口部の幅を調整することで1/150の車体にあわせることができます。

アイマジックさんはどうしたいのか分かりません。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
カウントダウンメーカー
新幹線スケール「1/150と1/160」について ときどき刊 かもめ通信/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる