高森湧水トンネル

先月末からの台風が2つ去ってだいぶ涼しくなりましたけど、それでも30度オーバー。
涼を求めて熊本県の高森湧水トンネルへ行ってきました。


高森湧水トンネルは旧国鉄高森線高森駅と同高千穂線高千穂駅を結ぶ路線として、ちょうど自分が生まれて間もない頃に着工されました。
ところが、高森側から2kmほど掘り進めたところで周りの水源が枯渇してしまうほどの大量の出水に見まわれ、工事は中断。結局、昭和55(1980)年に中止となりました。
そして、その先の高千穂~延岡を結ぶ高千穂鉄道も平成17(2005)年の台風14号による被害を受け、平成20(2008)年までに全線廃線となってしまいました。

今では、入り口から550mのところまでを入れるようにし、高森湧水トンネル公園として整備されています。
入場料は300円。トンネル入口のところで入場料を支払い、中に入ります。中は年間を通して約17度。ひんやりして気持ちいいです。

画像



入口横には未完成ながらもトンネルのプレートが表示してありました。着工は昭和48(1973)年12月、竣工は出水して中断した時の前月末の昭和52(1977)年1月31日、長さはその時までに掘り進めていた2055m。
画像


プレートが設置してあるのと反対側の壁にはトンネル側面のコンクリートの厚みを示す45-60(巻厚45cm~60cm)の表示とその奥には竣工年月(1977-1)の表示が。
画像


中に入ると、毎年7月に行われる七夕まつりの時に飾られる地元の企業や学校が制作した七夕飾りがずらりと並んでいました。
画像


その飾りを眺めながら奥へ進むこと約550m。そこではいまでも大量の水が湧き出ていました。
画像


掘り始めてから約40年経った今でもこれでは列車は通すのは到底無理そうですね。

同じ道を引き返し、戻ってきました。
戻ってくる頃には寒いなぁと感じるほどに。
画像


もしも、このトンネルが難なく開通していたら、かつて肥薩線、吉都線を経由して走っていた博多~宮崎間の急行えびのは今では新幹線を受けて熊本~高森~高千穂~延岡~宮崎として活躍していたかもしれませんね。


 高森湧水トンネル公園 … http://www.town.takamori.kumamoto.jp/kankomap/kanko/yusui.html
 住所 …  熊本県阿蘇郡高森町高森1034-2
 営業時間 … 4月~10月 9:00~18:00(7・8月 9:00~19:00)/11月~3月 9:00~17:00
  *湧水館 9:00~16:00(湧水館のみ月曜休館ただし月曜が祝日の場合を除く)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック