安全側線緊急防護装置

先日「安全側線緊急防護装置とか欲しいので、円柱を曲げられるようになりたいです。」と書いてましたが、モデリングの練習も兼ねて違うものばかり作っていたせいで、1ヶ月もかかってようやくできました。

結局、円柱を曲げなくともつなぎ合わせるだけでこと足りてしまい、円柱を曲げることもできるようになったんですけど、それはまた次の機会に。

というわけで、「安全側線緊急防護装置」です。安全側線緊急防護装置とは、単線の行き違い駅などの安全側線の車止めの手前に配置して、万が一冒進してきた車両がこれに接触することにより、付近の信号を赤信号にするスイッチのようなものです。



コンテナファイル(.cnt)はzip形式で圧縮しています。下記よりダウンロードし、ご自由にお使いください。色合いがおかしいなと感じたらテクスチャの書き換えもご自由に。

>> ダウンロード <<

コンテナダウンロード
http://www2k.biglobe.ne.jp/~candybox/vrm/cnt/ansk01.zip



*10ft/12ftコンテナで作成しています。
*コンテナ車両はUSO800鉄道さん製作の自作車両「コンテナ置ける君」を使用することによりそのまま置きたい箇所のレールの上に置けます。(コンテナ置ける君はこちらよりダウンロードできます)


*「ダミー編成」および出発設定の「連結禁止」にチェックを入れておいてください。

画像

*衝突時の作動はありません、手前で止まります。

画像

*底面を厚めに作っていますのでIMAGICバラストレール、Adv.Trackレールどちらでも使えます。

画像

こんな感じで安全側線の車止めの手前に配置します。でも、この安全側線は怖い。自分で作っておいてなんですけど(笑

解決

前々回のエントリーいっそ透明にしないでみたらの続きです。まだやってました。

「背景を道路にする」、「透明部分との境界をアンチエイリアスしない」という点ではすでに答えが出ていた感じなんですけど、それを組み合わせてやってみるというのをすっかり失念していました。

そんなこんなで、やってみます。
マジックワンドのオプションで「アンチエイリアス」のチェックを外して、[shift]を押しながら文字全部を選択します。
画像

そうしてできたアンチエイリアスのない選択範囲を1ピクセル拡張します。
画像

画像

この選択範囲を反転し、背景から消去します。
画像

試しに文字レイヤーを非表示にしてみました。背景部分と透明部分(黒色)にはアンチエイリアスがかかっていません。
画像

もう見飽きたスクリーンショットですけど、ようやく納得の行く感じになりました。
画像




速度制限50km/hのペイントを作ってみました。
画像

画像


>コンテナファイルはこちら
http://www2k.biglobe.ne.jp/~candybox/vrm/cnt/50_01.zip

*コンテナの配布条件がLZHでの圧縮zip形式での圧縮となっていますので圧縮してありますけど、中身はcntファイルひとつです(赤字部2014.11.18-16:35修正)
*コキ50000を使用して、レールを-100mm埋めてくだい。1mmの高さに設置される道路にちょうどペイントが載ります。(スクリーンショットから分かるかと思いますが落ちる影に注意してください)
*コンテナのサイズは24mm×96mm(実寸幅3.6メートル×長さ14.4メートル)の平面コンテナです
*テクスチャの反映される領域は左側64pxだけです



1992年11月以前に免許取得された方にはなつかしい、50高中。道路標示は消すのにもお金がいるので放置されています、…というのを再現しました(笑
画像

画像

透明部分の処理に関して、ようやく満足のいくレベルになりました。

10月23日はVRMの日

だそうです。ものすごい伝聞形ですけど(笑

とはいえ、太古の昔から制定されていたかといえばそういうわけでもなく、つい先日USO800鉄道さんが11月16日が「Railsimの日」なら「VRMの日があってもいいんじゃないか?」と言うわけで、アイマジックに初代の発売日を確認されて晴れて10月23日がVRMの日と制定されたのでした。どんどんぱふぱふー。

「VRMの日」が制定されました。(USO800鉄道BLOG -2014年11月16日付)

それを記念して、カウントダウンタイマーもつくられたそうなので、うちにも設置してみます。カレンダーの下くらいが良かったのですけど、どうもウチのblogはこの場所しか設定できなみたいです。目立つからいいか。

それにしても340日もあるのかぁ。でも、これだけあったらみんな色々と準備できそうですよね。何が起こるのか楽しみです。ものすごい他力本願ですけど(笑

いっそ透明にしないでみたら

昨日のエントリー(透明色の境界での黒い縁取りみたいなもの)の続きです。

mokoさんのコメント
>使用箇所が道路に限られるのであれば、道路と同じか、
を受けて、ちょっとひらめき。

どうせ道路でしか使わないなら、もういっそ背景まるごと道路にしてしまったらどうなんだろう?


そんなこんなで、やってみます。

スクリーンショットから道路をコピーしてきて、そのままではちょっと色合いがおかしかったので、レベル補正して文字の背景に設置。
画像

結果。レベル補正を延々とやってはコンテナに組み込む作業を何回か繰り返してると、だんだん嫌になってきたので適当なところでやめておきます。近くから見たらまぁ境目が分かるかも、というレベル。
画像

遠目にみたらそうでもないし、ジャギが出るよりはまだ良くなったかも。
現実の道路も工事やったりしてアスファルトの色味が極端に違ったりとかありますしね。
画像

なにより、このスクリーンショットだけ何も知らない人に見せて、「バス専用」のペイントのところだけを拡大してわざわざ見る、なんて人もいないでしょうし(笑

透明色の境界での黒い縁取りみたいなもの

コンテナのテクスチャに黒(RGB=000)を使うとVRMでは透明色として認識されるため、複雑な形のモデルを作らなくてもテクスチャだけでわりと自由な形が表現できるので小躍りして喜んでいたのですが、ちょっとした問題がありました。
画像

例えばこういう画像を作成してコンテナの上部に貼り付けて埋めてやると、黒い部分が透過されて道路のペイントができると思っていたんですが。
画像

このように縁取りをしたかのように黒い線が現れます。

これはどうも古くからあるVRMの持病みたいなもので、USO800鉄道さんの透過情報をもったPNGでいけるのか?というエントリーによればエミッターに於いても同様らしく、試しに自分も背景を黒ではなく透過PNGにしても結果は同じでした。(*背景の市松模様が透明部分)
画像



そんなこんなで、
>背景を黒(RGB=0,0,0)にした時と結果は同じ(2010.3.26現在)
は、どうやら4年半経った今も同じようです。



ところで、同じくUSO800鉄道さんのエミッター人形 女子高生2名というエントリーを見て思ったのが、もしかして境界がはっきりしていた方がいいんじゃないか?…ということ。

よくよく調べてみると、VRMのテクスチャの透明色はRGB=000からRGB=777までの512色だそうです。(ghostさんのhttp://www.nodus.ne.jp/ghost/vrm/tec30-1.html
これはVRMに於いては下の画像で左側2つの黒い正方形は透明。一番右側の黒い正方形は透明ではなく黒(っぽいテクスチャ)になるということです。
画像

「バス専用」の文字を拡大するとこのように文字の周辺がグラーデーションされていてこれが縮小された時に綺麗にみえるのですが、もしかしたらこれがかえって良くないのかも。
画像

試しに極端だけど、こういうテクスチャにしてみます。市松模様は透明部分。アンチエイリアスはありません。
画像


結果…
黒い縁取りは現れませんでした。
画像

個人的な憶測ですが、透過されるのがRGB=777までの黒なのでそれよりも少し灰色に近い黒(RGB=888)とかだど透過されないのがVRM。「透過される」「透過されない」この二択しかないゆえにアンチエイリアスが掛かった部分において「透過されなかった黒」が残ってしまうために起こる現象なのではないかと思います。

なので、そういう部分がなるべくでないようなテクスチャを作ればいいのですが、それでは綺麗なグラデーションにならない。どうしたものかしら。



そんなこんなで、いろいろ考えた末に到達したのが、モノクロ2階調。
なまじ変な細工をしたグラデーションにするよりもひょっとしたら綺麗かも。そう思って試しにモノクロ2階調でやってみたんですが。

綺麗な文字にするにはもう少し作業が必要ですが。案外こっちのがいいかもしんないです。
画像


ジャギが目立ちますが黒い線よりはいいかも。これは作る人の好みにもなるかもしれないですけど、現状はこれで満足するしかないのかな。
画像

初めての自作コンテナ

今年の初め頃にメタセコイアでおにぎり(国道標識)を作っていましたが、その後あんまり時間がなくて放置していました。メタセコイアは試行期間も終わってしまったのだけど、当時と比べるとblender(ver.2.72)の方も日本語化がすっかり安定したみたいなので、乗り換えてみることにしました。やっぱり日本語だと安心できます。


そんなこんなで、丸一日触ってみて、立方体と円柱くらいなら何とかなりそうになったので、再びおにぎりを作ってみます。
立方体と円柱のように2つ以上オブジェクトがあると、objファイルを出力した後に、VRMのコンテナツールに読ませるために少し修正してあげる必要がありますけど、それほど困難ではありませんでした。
むしろ、テクスチャのUV座標をどうにも正しく出力してくれなくて、出来上がったモデルに合わせて位置合わせしたりするのがめんどくさい感じ。ちゃんとしたやり方があるのかもしれませんが、どこにもマニュアルがないので力技で合わせて行きます。

ただ、ひとつできるとわりと次は簡単にできるので調子に乗っていろいろ作ってみました。

画像


国道おにぎりの他、県道ヘキサ、50km/hの制限標識、バス停(福岡)、郵便局の看板、車両接触限界標(甲)
バス停と郵便局は完全に趣味ですけど、その他は公式にあってもいいと思うんですけどね。あんまりこういうのはお金にならないのかな。

というわけで、置いてみた感じ。
画像

画像

画像

画像

わりといいかも。でも、自作コンテナってどのくらいまで設置できるんだろう。一個設置するごとに線路と車両(編成)がひとつずつ必要なのでなんだかそれだけでもすごく重くなりそう。1レイアウトあたりの編成数に限りってないですよね。


あと、駅のホームの乗り場の数字も作ってみましたけど、サイズとかよくわからないので保留。こんな感じかしら。
画像


安全側線緊急防護装置とか欲しいので、円柱を曲げられるようになりたいです。

機関区を製作

前回の複線から2面3線駅へのアプローチは702さんのアドバイスで線形がより一層綺麗になりました。ありがとうざいました。

そんなこんなで反対側。

同じくうつみさんのコメントにより2面3線の高架駅が近所の箱崎駅もそうだったということを知り、両方とも同じ配線でもつまんないので、箱崎~吉塚にある電留線と保線基地を意識した配線にしてみます。
電留線は向かって左側813系が停まっている方が6両までで、右側485系が停まっている方は8両まで留置できるようになっています。
もっともわざわざゲーム中にスクリプトで留置するというようなことはなく、ダミー編成が置いてあるだけなんですけど。
画像

信号とかはまだ、ただ置いてるだけなのでソニックが通過して間もないのに青現示だったりします。あぶない。
あと、保線車両のとこにも架線を張ってますけどこれはいらないかしら。


さて。ここは一段落したので、別なところを開拓。

SLを走らせるので、機関区をこしらえてみました。
画像

給炭塔とか給水スポートとかこれは本当に近所には見当たらなくて、一体どういうふうに設置したらよいか分からないのでネットを探してみましたけど、いまいちいい画像が見つかりませんでした。なんというか拡大画像はあるけれど全体像(遠景)がないというか。んー。昔は日常だったんでしょうけど、日常ゆえに記録に残すなどという発想がなかったのかもしれませんね。

仕方ないので、あっているかどうかわからないけど、アイマジックさんの設置例を参考にとりあえず置いてみます。なんかおかしいとかあったら教えて下さいませ。

機関区もちょっと豪華に9庫。C57しか持ってないのでもっぱらDD51とかDE10のねぐらになっています。
画像


最近は、給炭塔も給水スポートも見ないけどどうやってやっているのだろうとツイートしたら、どうやら給炭はパワーショベルやクレーンで、給水は消防車でやってるみたいです。
1日1回程度ならそのほうが安上がりなのでしょう。
画像