アクセスカウンタ

ときどき刊 かもめ通信

プロフィール

ブログ名
ときどき刊 かもめ通信
ブログ紹介
絵を描いたりゲーム(コロプラ)したりしつつ、鉄道全線乗りつぶしを目指して地味に近所の電車を乗りつぶし中。

2013年からVRM(鉄道模型シミュレーター)をONLINEではじめました。
その他、右上の[プロフ]を参照されてください。コメントなどもお気軽に。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ 鉄道コム
zoom RSS

自作車両で停止位置目標

2016/09/28 13:04
自作車両で停止位置目標を作ってみました。


とりあえず、逆L字型(と呼ぶのかどうかは分からないけれど)。列車から見て左側のホームに設置するタイプ。



そのうち、自分の必要に応じてI型とか懸垂型(吊り下げ型)とかも作るかも。(予定)

自作車両のサボオブジェクトにて制作していますので、方向幕やサボを書き換える要領でテクスチャの書き換えができます。teimoku.pngとteimoku_base.pngおよびサンプルレイアウトを参考にされてください。
(baseの右部分は未使用です。縦2段や横2列のときのためのスペースです)



↓最大編成用の✕印には以下の画像を使用してください(2016/09/28 14:18追記)
画像


高さはレール面と同じ、また中心から右に10mmの位置に建っています。高さはレールの高度にて適宜調節してください。





>> ダウンロード <<

http://www2k.biglobe.ne.jp/~candybox/vrm/v5t/teimoku.zip

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


前エントリーの続き

2016/09/08 22:37
VRM5-14+発売まで一週間となりONLINEではE657系とE491系+マヤ50の販売が始まりました。めでたい。



さて。これ全部を買うと18,040円。それ自体が高いか安いかは個人の感覚なのでわりとどうでもいいのですが、この他にもE7系新幹線、E233系4種類などを含めたVRM5-14+パッケージ版が公式のダイレクトショップで15,758円、Amazonでも17,471円です。

何が言いたいかというと、例えばあるゲームを買う時に、公式の通販だといくら、町の電器屋さんならいくら、Amazonならいくら、で結局どこそこで買うのが一番オトクだった。あー知らなくてちょっと損したなぁ...ってありますよね。

いやまぁ、それなら別にいいんですよ。次から一番安かったところで買えばいいだけなので。

ところが、VRM5とONLINEに関してはそうもいかないのですよね。
一度ONLINEで始めたら同じゲームなのに5とは共存できず、ONLINE版で続けるしかないのです。もちろんパーツ単品で買えるのがONLINEの強みなので、単品で揃えたらフルセットよりも10〜20%高額というならわかるのですが、現状は100〜200%くらい高額です。
これではなんとも。

ONLINEはもともとIMAGICがやっていたわけでもないので、わざと高額にして過疎らせたいのかなとも思ってしまいます。

調べてみたら、ステップアップとMaginoDriveはあんまり変わらなそうなので、ステップアップにしようかなと思っています。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


14+号を機に

2016/09/03 17:19
3年ちょっと遊んできたVRM ONLINEからVRM5に移行しようかと考えています。

というのも、始めた当初はONLINEには価格こそ割高だけど1ヶ月前には手に入るというメリットがあったんですが、アシアルが辞めてしまってアイマジック直轄になってしまったからなのか、今やVRM5版14+号が発売される2週間前になっても販売されているのは車両の一部のみ。


国鉄好きなのでこれらは14+号の中ではわりと欲しい車両だったりするのですが、これ全部買っただけで10,780円。
他に先行販売されているE233系5000,6000,7000,8000を足すと23,760円。
さらに未発売のE7系、E657系、E491系+マヤ、それに駅舎やホームを足すと、3万はゆうに超えそうな予感がしてなりません。


一方、14+はダイレクトショップでパッケージ版が15,758円、ダウンロード販売サイトのMaginoDriveが前日までの予約価格で11,772円。

そのうち期間限定車両セットが来るであろうとはいえ、あまりの価格差にこれはちょっと引いてしまい、今後15+、16+と続くことも考えるとさらに価格差が広がりそうで、この辺りで手を引こうと思うわけです。

箱を積んだり、CDを入れ替えたりするのが面倒なので、ダウンロード販売のほうが良いかなとも思い、とりあえずMaginoDriveで予約しようと思います。
14+号と同等のセットが期間限定でも良いのでせめて15,000円で手に入るならまだ思いとどまれるのですけど。

他のONLINEユーザーはどんな感じなんでしょう。

画像
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


VRMにて初動画作成

2015/10/26 10:31
そんなこんなで先日から作成していたVRMの動画が完成しました。良かったら御覧ください。HD画質、4分ちょうどくらいあります。



VRMの日オフ会用のアンケートでも書いたんですけど、今のVRMだとレイアウトを公開してもちゃんと見られる人は少ないので、動いているVRMを見てもらうには動画がやっぱり良いのかなと思って、先週動画作成ソフトを購入。初めての動画を作ってみました。
レイアウトを直接見てもらうよりも、見せたいところだけを見せることができるし、やっぱりスクショか動画が一番なのかなぁ。まだ出来てないところは見せなくてもいいし(笑


レイアウトのイメージはどこか田舎町の初夏。VRMにはあんまり気動車がないこともあるので、どこかここ、っていうモデルもありません。前面展望だけだとなんだかすぐに終わってしまうのと見てて飽きるかもしれないので(笑、要所にカットを入れてみました。だけどもこれがものすごく大変で、レイアウトの一部が気に入らないとまたイチから撮り直しをすることになり、思いの外時間がかかってしまいました。

何はともあれ久しぶりに何かを作る楽しみを味わいました。また何か作ってみようと思います。


・録画ソフト
  ロイロゲームレコーダー

・動画編集ソフト
  Power Director14 STANDARD

・エミッター用樹木素材
  NO-N-NO

・使用BGM
  Music Material
記事へナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


VRMの日

2015/10/23 00:15
前回の日記から寒くなって暖かくなって暑くなって、またちょっと涼しくなって、本日10月23日はVRMの日。めでたい。

先日、関東ではVRMの日記念オフ会が開催されました。参加してみたかったのですが、今年は予算の折り合いがつかず断念。次回こそは参加してみたいと思います。岐阜なら予算的には問題なく、強いて問題があるとすれば休みが取れるかどうかということが牛車牛にとっては切実だったりします。

と言う訳で、自分も何かしようと思い、先日動画作成ソフトを購入しました。まだ手探り状態なので、このVRMの日には間に合いませんでしたけど、近いうちにVRMを動画に撮ってYouTubeにアップしてみたいと思います。どうぞよろしく。

…うーん。文字だけでは寂しいので、スクショでも。何となく夏頃が好きです。暑いのは嫌いだけど。

画像


画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


昨日UP分のポリゴン数を減らしました

2014/12/04 12:32
昨日作った「安全側線緊急防護装置」ですが、見えない部分のポリゴン(面)を削除するのを忘れていました。

円柱のオブジェクトを組み合わせて作っているので接合部分は削除しても問題ない、というか、むしろ見えない部分なのでファイルを軽くするためにも削除すべき部分でした。

画像

この円柱のフタの部分は見えないので不要。
辺を選択し[x]で削除します。

画像

フタがなくなり筒のようになりました。側面だけなので面の数は12個です。


他の部分もすべて同じようにして、これだけのダイエットになりました。


コンテナファイルに変換してもこれだけの差に。どの程度影響があるのかは分かりませんが、たくさん配置すると結構大きな差になるのかなあ。


*ダウンロードファイルは差し替えてありますので、今朝までにDLした方は再DLお願いします。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


安全側線緊急防護装置

2014/12/03 18:15
先日「安全側線緊急防護装置とか欲しいので、円柱を曲げられるようになりたいです。」と書いてましたが、モデリングの練習も兼ねて違うものばかり作っていたせいで、1ヶ月もかかってようやくできました。

結局、円柱を曲げなくともつなぎ合わせるだけでこと足りてしまい、円柱を曲げることもできるようになったんですけど、それはまた次の機会に。

というわけで、「安全側線緊急防護装置」です。安全側線緊急防護装置とは、単線の行き違い駅などの安全側線の車止めの手前に配置して、万が一冒進してきた車両がこれに接触することにより、付近の信号を赤信号にするスイッチのようなものです。



コンテナファイル(.cnt)はzip形式で圧縮しています。下記よりダウンロードし、ご自由にお使いください。色合いがおかしいなと感じたらテクスチャの書き換えもご自由に。

>> ダウンロード <<

コンテナダウンロード
http://www2k.biglobe.ne.jp/~candybox/vrm/cnt/ansk01.zip



*10ft/12ftコンテナで作成しています。
*コンテナ車両はUSO800鉄道さん製作の自作車両「コンテナ置ける君」を使用することによりそのまま置きたい箇所のレールの上に置けます。(コンテナ置ける君はこちらよりダウンロードできます)


*「ダミー編成」および出発設定の「連結禁止」にチェックを入れておいてください。

画像

*衝突時の作動はありません、手前で止まります。

画像

*底面を厚めに作っていますのでIMAGICバラストレール、Adv.Trackレールどちらでも使えます。

画像

こんな感じで安全側線の車止めの手前に配置します。でも、この安全側線は怖い。自分で作っておいてなんですけど(笑
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

カウントダウンメーカー
ときどき刊 かもめ通信/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる